タグ別アーカイブ: big eyes

伝統の国イギリスへ【イギリスへの道パート7】

さァ、美しいビートルズの曲をバックに、美しい湖水地方に向かって車を走らせます。
詩人ワーズワースは湖水地方の鉄道開発に反対したそうです。
それがこの地方を美しく保っていられる要因のひとつともいわれているわけですが、我々現代人が車で足を踏み入れることには、どんな反応をするんでしょうか?

推測するに『排気ガス規制をクリアできる車なら良いのですが、ベストは或るところまで乗り入れたらそこからは歩きまたは馬車による移動にすべきです』というでしょうね。
世界中の環境保護を唱える人たち同様に、彼もきっと!
そんなことがちょっと心にひっかかりながらのドライブ。
道の両側にはストーンウォールがコンクリートの壁に変わっての出現、古いものは300年前に積み上げられたものもあるそうです。
石を積み上げただけの壁、これが何処に行っても湖水地方では見られるわけですが、これが落ち着くんです。
石が来訪者に語りかけてくるんです・
『私たちは長い間ここにいて自然が壊されないように見守っているんだけど、自由に楽しんで行ってね、自然を!』って。
思わず『ありがとう!ゆっくり見させてもらうね』と答えてしまうほど。

最初に着いた町グラスミアにワーズワースが詩作にふけった家があります。
さすが、ワーズワースが落ち着いたことがある町、自然の中に自然にできた家並みの町という感じです。
ここにはかなりの観光客が入っているはずなのにナゼでしょう?
人の気配というものがあまり感じられないんですね。
バスの停留所がどこにあるかもわからない?長くストレートな道が無いからでしょうか。
答えは、道そのものがそこに住む人たちが生活しやすいが為にできた道だからなのだそうです。
無理に作り上げた道が無いということなのでしょう。
川に湖に釣りに行く為に通っていた小道が、馬車が通れる道に除々に変わっていったように。
そんな町に人が並んでいる場所があるんです。
ジンジャーブレッドのお店です。
湖水地方を歩くのに持ち歩かれた昔ながらのおやつを売っているお店です。
昔から人気があるジンジャーの効いた硬いお菓子、歩くことが好きなイギリス人にとって、保存がきいてエネルギーがある最良のおやつ。
僕も並んで買うことにしました。

なかなか前に進みません。
並んでいるお客と何気なく話し始めると、そのご婦人は、なんとオーストラリアから観光に来ているというじゃありませんか!
僕がオーストラリア1周したことをいうと、目を丸くしながら『あなたは私よりオーストラリアについて詳しいですね。どこか良い場所を紹介してください。私はメルボルンの周り以外、オーストラリアを知らないのよ。何処がお勧め?』と訊くもんですから『オーストラリアは全てエキサイティングで何処を訪れても楽しいことばかりで、ゆとりの人生を送るには最高の国ですね。あなたは素晴らしい国に住んでいらっしゃいますね。』と少し社交辞令も含めて答えると、とても嬉しそうに『Thank you!それじゃもう1周してみては?』というので『そのかわりというわけじゃないんですが、あなたのお国の原点を探る為に、ここイギリスを取材しているんです』というと『私も私自身のルーツを探しに来ているのよ。お互い同じようなことをしているわけね』といいながら僕の目をじっと見つめ『あなたの仕事が良い形になることを祈ります。そして素晴らしい旅ができますよう。』と微笑みながらジンジャーのお菓子を持って、爽やかな空気を残してお店を出て行きました。

・・・・・続く
2003.03.10

伝統の国イギリスへ【イギリスへの道パート6】

後ろ髪を引かれながら次に向かうはウェールズの北ウェールズ地方のバーマスという町。
1895年ナショナルトラスト創設の最初の土地です。

イギリスという国は、ご承知のとおり18世紀後半産業革命が始まり、自然や歴史的環境が破壊され始めたんです。
その時からイギリス人は失われていくものの大切さにも気が付き始めていたんです。
つまり、革新性と創造性、革新的な技術を不滅の伝統と融合させることのできる英国の才能とでもいうんでしょうか?
当時、バーマスは観光地として賑わい、町も潤っていたのですが、素晴らしい自然が失われないように『アスファルトの道を作ったり、鉄製のベンチなんかを置かないで欲しい』といって寄贈されたのがデイナスオライという丘、ウェエールズ語で”光りの要塞”、ナショナルトラスト創設のきっかけとなった土地なんですって。
僕もその丘に登り、町全体を眺めてみましたが、100年以上環境が変わっていないことと、その美しさには脱帽させられました。
その精神に賛同した人たち、詩人のワーズワース、ピーターラビットの作者ビクトリアス・ポター、チャーチル、ナイチンゲールなど多くの人々が土地などの所有物をナショナルトラストに寄贈してき、今日に至っているわけです。
凄い!ですよね。
美しい自国を国に頼らず自分達で守ろうなんて。
こんな精神を持ち合わせている国民が多いから美しきイギリスがあるんだなーと納得です。
あっ、そうそう、こんな環境の町の外れに日本から移り住んでBBを営んでいる家族がいたので、我ら一同、一泊お世話になったんです。
このBBのご主人曰く、『イギリス中旅行して、ここが最高の場所だと思ったからここに腰を据えたんです』と。
この人も凄い!

『静かで心澄む美しい夕べだ。神々しい時は、讃嘆に息をのむ尼僧のように静まっている。太陽は大きく静のうちに沈もうとしている。』
19世紀ロマン派の詩人ワーズワースが読み上げた詩の一節です。
自然をこよなく愛し、ナショナルトラストの心を守り続けた詩人、その詩人が最も愛した湖水地方。
緑と水の溢れる心の故郷。
その土地の3分の1をナショナルトラストが所有して守っているんです。
この地方への旅は僕にとっても初めてなので、嬉しくて嬉しくて!
ある人にいわせると『イングランドで一番美しいかもね!』と。
行くぞ湖水地方、そこを動くでない!!!・・・って感じ。
でもひとつ思い出したことが・・・。
そう、これから先は狂牛病の真っ只中・・・・・?
僕は人間であって牛ではないわけで、食べなければいいわけであって(北の国からの純のモノローグ調)、これから先はステーキはご法度、夢見るだけ!

ウェールズから湖水地方に向かうには、リバプールを外しては行けない訳で、別に通り過ぎてもいいんですが、一応、音楽好きな僕にとってはビートルズに関心があるので立ち寄ることにしました。
18世紀から今日までこのリバプールの港から何人の人たちが世界へと旅立って行ったのでしょうかね?
ビートルズもその仲間といえるでしょう。
ユニオンジャックを作り上げる基点となった港町、でも今はそのエネルギーは消失しているように感じられます。
時は隆盛という力を持続させない。
まさにそんな図式なんでしょう。
ビートルズ、我が青春期に全盛を誇ったグループ、そのヒット曲の多さに驚かされますが、それ以上に素晴らしいメロディーの数々、20世紀最高のグループといってもいいんでしょうね?
頭の中を懐かしい曲が駆け巡る、その余韻に浸りながらビートルズ所縁の場所を見て歩く、音楽は時の流れをも逆行させてくれる。
イギリスにいながら日本でのその時代を思い出させてもらう、勿論見ているものはペニーレイン通りにあるポールが行っていた床屋や、リンゴスターの家、ポールが結婚した教会、ジョンの実家などなど。
どうでしょう、普段なら決してやらないスターたちのお家拝見ですが、自分の過去を異国で懐かしむことができるからこそ、興味が沸いたような気もします。
なんていったって、心に残る曲が多いですよねビートルズは!

・・・・・続く
2003.02.26

伝統の国イギリスへ【イギリスへの道パート5】

さァ、これからナショナルトラスト発祥の地へ向かうことにしたわけですが、その前にまたまた腹ごしらえ?
いつも思うんですが、人間は何故に一日3回も食事とらなければいけないのか?
時間が無いときでも”食べる”。

『一日くらい食べない日があっても』と頭では考えるんですが、お腹が許してくれません。
こと僕に関しては絶対であります!ゴメン!

運河沿いにある【ブーツイン】というPBで食事をとることに決めたのは、またまた僕。
これは日本にいるときから決めいたことなんです。
その理由としては、勿論そのPBが美味しいことが第一条件ですが、そこのサンデーランチをぜひ紹介したいと考えたからです。
“サンデーランチ”、この言葉はそのままの意味でよいのですが、日本の日曜日のお昼ごはんとは大分意味合いが違います。
今日は、曜日が定かでなく旅をしている我々にとっても、実は日曜日なんです。
本来なら休日でのんびり体休めをしたいところですが、『そのサンデーランチを楽しみながら収録するべ~』との提案にスタッフ一同大賛成してくれたんです。

ここでサンデーランチのはじまり、どこが日曜日のお昼ごはんと違うのかご説明させていただきましょうかね!
え~っとだね、サンデーランチの始まりは、日曜日に教会の礼拝から戻った家族が皆で昼食をとることから始まったんだそうです。
今は宗教色は薄れてしまっているんですが、その名残として行われているんだそうです。
日曜日はどこにも出かけず家族とのんびり過ごすのがイギリスの習慣だったんだそうです。
家族を大切にするために。
その形が変形してPBで家族と友達とともに過ごす時間を大切にしているわけです。
普段は食事にお金を使わないイギリス人もサンデーランチには使うようです。

このブーツインは伝統的な料理からニューヨーロピアン料理といわれる最近の料理までメニューが豊富で、老いも若きも楽しんで店の中は客で一杯!
2~3時間は食事タイム。
その後に皆で1時間くらいの散歩を楽しむ。
これが今流のサンデーランチなんだそうです。
でも、我々にはそんな余裕はありませんので、食事を各々がかみしめて、さァ出発。
あ~もっといたかった!

・・・・・続く
2003.02.14