伝統の国イギリスへ【イギリスへの道パート4】

馬、ドライヴ、舞台、美味しい食事・・・。
こんな爽快な気分を持ち続けながら、さらに北へと向かいました。
途中、コベントリーという街に。

実はこの街、20世紀初頭から自動車産業の中心都市だったんです。
それも今運転しているジャガーの工場があるところなんです。
ってなことですから、僕はファクトリーを見たくなったわけで、当然行くわけです。
そこにはジャガー・ミュージアムがあり、ジャガーの原型、伝説のスポーツカーがずらり。
ヨダレの出る車種ばかりが置いてあって、僕は目が点になってしまいました。
その後、車のできる工程を見せてもらたのですが、驚いたことに、部品をいまだに手で作っているセクションがあって、そこの職人さん達が結構な年配の方々なのに、皆楽しんで仕事をしているということなんです。
歌なんか歌いながらみたいな。
そこに孫が訪ねてきて会話をしたりしているんです。
規則でしばりつけ、とらわれすぎている日本では考えられない光景を見たわけですが、不思議には思いませんでした。
何故ならそれが自然なことだと思えたからです。
『これぞイギリス!』って。
近代化された生産システムの中に、伝統の良さを残した工程をいまだに取り入れているんです。
木目のパネル版、デスク、ドアー。
こんなところにジャガー本来の味があるんだと思いました。
また乗りたくなってしまいました。

そんな気持ちを噛み締めながら、再びジャガーXのハンドルを握ること30~40分、途中にはナショナルトラストの看板がいくつも目に入ってきました。
『一人の1万ポンドより1万人の1ポンドを』
これを見てやはりナショナルトラスト発祥の地へ行こうということとなったのです。
でもその前に夕食を!(こればっか)
予定していた僕のお勧めのPBレストラン『BOOT INN』リバーサイドにある洒落たPBへ。
あっそうだ、今夜はどこにとまろうかな?

・・・・・続く
2003.01.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA