伝統の国イギリスへ【イギリスへの道パート1】

“イギリスへどんな形で入国するか”
今回はこれにちょっとこだわってみました。
勿論、ヒースローに到着しロンドンに入るというノーマルなルートも考えましたが、その昔、船でグレートブリテンに入った歴史的先人達のようにドーバー海峡を渡ろうと決めました。
では何故に海を渡るのか?
それは僕がオーストラリアを一周したことから始まります・・・。

15世紀、オーストラリアにはイギリスからの移民が渡ってきました。
そしてその移民達が中心となってオーストラリアという多民族国家を作り上げた訳です。
そのオーストラリアを長い間旅していて、
『この国の人々の考え方の原点はどこにあるんだろう?人間と自然の共存の中に生まれる、フェアゴーの精神(簡単にいうと、”みんなフェアーにやっているか”ということなんですが)の源はどこに?』という疑問が生まれてきたんです。
そうなると、ルーツを探したくなるのが僕、柴俊夫なんですねェ。
それがグレートブリテンにあるらしいということなんですから、これは行かないわけにはいきません。
そして、どうせやるなら昔のように海からその国に入るという時代的な方法をとるのがベストだと思い込んだ訳です。
ノスタルジックな手法とでもいうのでしょうかね?
で、海を渡ることにしたということです。

まずフランス側、カレーの断崖からグレートブリテンを眺め、感傷に浸る。
行くぞイギリスよ!待っててくれ!なんて・・・。
もちろん、これまでにも何度も何度も訪れているイギリスなんですが、今回は今までと違ってモチベーションが数倍高いところにあることに、自分でも驚いてしまいました。

フェリーに乗ること1時間ちょっと、目の前に悠然とそびえる白い断崖が飛び込んできました。
通称、”ホワイトクリフ”。
グレートブリテン島の古い呼び名は『アルビオン』。
ラテン語で『白い国』という意味らしいんですが、多分、初めてこの国に入った異国の人達があまりにも印象的だったので、そう名付けたのでしょう。
残念ながらその日は天気が悪く、光りが少ないせいか『白い国』と感じることはできませんでしたが。
因みに今ではユーロトンネルだと20分くらいでドーバー海峡を渡ることができるんです。
青函トンネルを走る電車のように、車を載せる方法で。
あっ、そうそう、この時イギリスでは狂牛病が流行っていたので、車は電車に載せる前に消毒液のプールを通過しなければいけないとのことでした。
この時点まですっかり忘れていたのですが、日本を発つ時、『狂牛病の真っ只中の地方に向かうのだから、牛肉を食べるのだけは避けようね』と、スタッフの間では暗黙の了解ができていました。
そして、今回のイギリスの旅の心のありかたとしては心に贅沢な旅をすること、つまり、高級ホテルに泊まり、買い物をしてということではなく、自分で探すB&Bに泊まり、のんびりとゆったりと移動しながら、何故イギリスは美しいのかを探ること。

本来なら、まずロンドンを紹介して前に進むのが道筋なのですが、大都会を好きになれない僕は、ロンドンを通過点ということにして、ロンドンから西へ2時間、ハートオブイングランドとして親しまれているコッツウォルズ地方へと車を走らせました。
因みに今回乗る車は、イギリスを代表するジャガーのXタイプというやつです。
これも僕のこだわりからで、好きなジャガーで田園地方をドライヴするというのが前からの夢でもあったんです。
そうですよね、イギリスに来たらイギリスの車に乗らなきゃね!?
日本車やドイツ車じゃ気分が乗らないじゃないですか。
結構気分を大事にするタイプなので、ディレクターにお願いしたんです。

気持ちの良い田園風景を窓外に見ながらの約2時間、徐々に自分がイギリスに同化していくようで、嬉しくなっていくんです。へへへ。
時たま車内に入れる爽やかな風を気持ちよく受けながら、レイコックという200年前から変らぬたたずまいの小さな村に到着しました。
ここは、ナショナルトラストが保護している素敵な村なんです。
ナショナルトラストとは、歴史的な遺産や美しい自然を保護することを目的に100年前に創設された民間の組織なのですが、ここは初期のナショナルトラストが手掛けた村なのだそうです。
無秩序な開発から自然を護るために、民間人がお金を出し合って所有者になり維持していく、美しい自然はいつまでも共有地として私物化しないという精神が貫かれているんです。
今では所有している土地の広さは大阪府にも匹敵するんだそうです。
そして驚くことに会員は250万人を超えているんです。
正確な数字ではないんですが、日本ナショナルトラストの会員は1万人にも満たないそうで、残念無念!!
土地が高いせいもありますが、日本という民族性を考えると、まァそれだけじゃないでしょうがね。
ナショナルトラストの仕事はまだまだあって、古い屋敷を保存したり、町全体の景観を護ったり、個人の家の修理に立ち会ったり、『規定から外れないように』環境に良いグッズを売ったり、と。
などなどなど、レイコックの村はトラストを代表するところなので、村の中を歩いていると200年前にタイムスリップしているようだし、何故か心が落ち着くんです。
『今日はこの町の一番古いB&Bに泊まるぞ!!』と決め、探しはじめました。

・・・・・続く
2002.11.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA