オーストラリア1周25,000kmの旅【北部パート4】

9日目、トップエンド、カカドゥへ。
400kmの寄り道でアボリジーニの聖地を訪れてみることにしました。

東京都の6倍の面積を持つその聖地には、最古のもので2万年前の絵、X線画を岩の壁面に見ることができました。
自分達独自の表現方法は、時代を超えたメッセージを感じることができます。

現在はオーストラリア北部に多く住んでいるアボリジーニは先住民だったという証を強く刻んでいたわけです。
そのアボリジーニが多く住むこの地域には、アボリジーニのコミュニティが経営する宿泊施設があります。
ホテル全体に慎ましく誇示しているアボリジーニの文化は、何となく自分達の国における立場に置き換えているようにも思えます。
もっと前面に押し出せば良いのにと思うくらいです。
その夜ディナーの後、テリーの発案で明日の朝アンバングバング湿原へ行って、夜明けを見ながら朝食をとろうということになりました。
その湿原の動物達の初動の情景は素晴らしいというので。

翌朝4時に起床して、日の出が見られることを祈りつつホテルを出発。
ヒンヤリと肌寒く感じる朝、薄手のコートを着て野鳥ウォッチ小屋で眠い目をこすりながら無言で待機。
薄暗い世界の中から聞こえてくる鳥の囀り。
何かの動物が動き出すガサッという音。
徐々に徐々に東の空が明るくなっていき、輪郭が見え始めた湿原。
再び目を東の空に向けると、薄紫から少しずつ赤く変化していく雲。
その空間を遮って飛び立って行く水鳥たち。
その水面をゆっくりこちらに向かってくるワニ。
それに気付いたように水草から飛び立つカワセミの一種。
生きているという実感を抱かせてくれる湿原の1日の始まり。
森の向こうから顔を出して背伸びしている太陽、その顔は段々紅潮していき、周りまで赤く染め上げ、やがて見えるもの全てにエネルギーを吹きあてている。
それを受けたものはヤル気を起こし背伸びをする。
なんて美しい朝なんだろう!
絵には描けなくとも、目に焼き付ける。
なんて素晴らしい1日の始まりであろうか!
こんな贅沢な朝食をとっていいのかなぁと、テリーと同調してしまいました。
やはり、僕たちは運が良いのでしょうか?
そうですよね、いろいろな条件が合致しなければ、こんな朝は迎えられないんですから。
さすがにこの日は少し睡眠をとってから、僕等の好きな『滝』を見に行くことにしました。
ジムジムフォール、高さ200m、祭壇のような滝。
豪快に落ちてくる水は、見上げていると、怖さより神秘さを感じます。
やはりテリーは滝壷に向かって泳ぎ始めました。
水温は推測するに10℃以下、野生児テリーちゃん!
寒くないの?と訪ねると、うん、ちょっとだけだって。

11日目、相変わらずのブッシュファイヤーの中を走り、一路ダウインへおよそ400kmの旅。
今回は1号線を進むというより、北部の大自然の中を、『人とは何ぞや』なんていう哲学的疑問をぶつけながら走り回ったような気がしました。
勿論、答なんて出てはこないんですけどね。
まぁ、ひとつだけ感じたことといえば、自然が僕に『そんなに急いだ人生を送ってどうするの?』と問い掛けたことでしょうか・・・。

終わり
2002.06.14

『ダーウィンの旅』様、補足資料として画像使わせていただきました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA